国分建設について|デザイン住宅で思い通りの空間を実現|思うがままに建築
一家

デザイン住宅で思い通りの空間を実現|思うがままに建築

国分建設について

メンズ

建設業界が向かい風の状態に置かれた経緯

建設業界の全体が苦境に立たされています。以前は成長に疑いを持たれていなかった業界ですが、弱小企業の経営が大変になってきている事は間違いありません。 住宅の数が少なかった時代では、建てるべき施設が数多く存在していました。それが業界全体に特需をもたらしたのです。その時に小さかった会社は成長を遂げました。茨城県で活躍している国分建設のような大きく成長しなかった会社についても、確実に顧客を満足させる事で信頼を勝ち得ています。 しかし最盛期が過ぎ去った時の業界は商談の数が激減したのです。人員の登用数が右肩下がりだった企業は、現状の維持が難しくなりました。国分建設のような中小企業も対応方法の変化を強いられたのです。

歴史ある企業が信頼されていく

しかし住宅業界が苦戦を強いられている事は、一概に悪い事ばかりではありません。企業は商談を成功させるだけで経営を維持できます。それは都合のいい商材を売った後に、アフターケアを疎かにしても短期的には問題ないという事です。しかし住宅が売れなくなると悪質なサービスを展開していた会社は、以前のやり方がボディーブローの様に効いてきます。それに対して国分建設のような優良企業は再評価されるのです。 国分建設のように実益と顧客満足度の充実を目指した会社しか残存できなくなれば、企業の質が向上する事は間違いありません。そしてその状況は既に発生しているのです。今後も良質なサービス展開をしていた会社が残り、利益のみを追従していた企業は淘汰されていきます。