別荘の購入|デザイン住宅で思い通りの空間を実現|思うがままに建築
一家

デザイン住宅で思い通りの空間を実現|思うがままに建築

別荘の購入

住宅

別荘という不動産物件は恒常的に居住するためのものではないという性質上通常の住宅よりも明らかに安くなっております。それこそ新築の別荘が1000万円程度で提供されることなど珍しくもありません。手頃な値段であるため、特に個人事業主が福利厚生の名目で購入することで所得税対策とするケースもままあります。 別荘はあくまで宿泊施設に過ぎないので、気分を味わうことができるのであれば不便さに目を瞑る形でとにかく安い築年数の高い物件を購入するという判断も決して悪いとは限りません。そうした類の物件は取引成立自体が困難であるという前提で後悔されていることが少なくなく、そのため交渉次第で無償同然となるケースも考えられます。

別荘ブームは1970年代の日本で確認されており、この頃に集合住宅の形式を取った物件がリゾートマンションという概念で知られるようになりました。これは現代における別荘という概念の確立の1つとして解釈されます。 1960年代までは別荘という個別住宅の形を取った者が少なくなく、これは丁度世界共通の認識、いわばステレオタイプ的な別荘であると言えます。ところが現代日本社会においては別荘というとリゾートマンションが主流であり、これを知っておくことで物件を実際に購入する際に恥をかかないで済むこともあります。 何か困ったことがあればどんどん不動産会社の営業社員に聞いてみることも悪くはありません。基本的に別荘などの取引は前例主義に基づきます。